催眠術のかけ方から催眠療法の技術まで催眠誘導研究所

催眠術のかけ方/催眠誘導研究所・林貞年

◇ 催眠療法の教科書もくじ

【まえがき】

【第1章】催眠の概要と定義

●催眠は信頼という枠の中で行われる
●人間関係はどちらからでも断ち切ることができる
●催眠に導くために必要な信頼関係とは
●催眠形成のために不可欠な一点集中の法則
●アクの強い誘導スタイルは成功率を下げる
●無意識の社交辞令――状況判断の深鋭とは
●想像以上に鋭い潜在意識の計算
●暗示の長時間にわたる持続は状況判断の深鋭と催眠関係の強さ
●起きた現象は同じでも力動源が違う
●催眠術はどこまで悪用できるのか
●催眠で異性の恋愛感情をどこまでコントロールできるのか
●結果は同じでも暗示の与え方で力動源が変わる
●意識が内側に向いた催眠状態ではイメージに臨場感が出る

【第2章】催眠状態を作り出すための基礎知識

●ナンシー学派とエミール・クーエ
●誘導をスムーズにするために催眠深度を頭に入れておく
●催眠を作り出すためにもっとも重要な基盤暗示
●この暗示技法を身に着けたら催眠は手に入れたも同然
●呪の暗示で心の病気になった女性
●偽物の薬と権威のある医師
●直接暗示と間接暗示は状況によって使い分ける
●そのほかの間接暗示とアナログマーキング

【第3章】催眠状態へ導く方法

●精神統一ができる環境をつくる
●催眠に入りやすい姿勢
●面接時のポジションと心掛け
●被暗示性テストは暗示感受性を高めるステップ
●観念運動の成功率は条件付けにかかっている
●等質性被暗示性亢進と異質性被暗示性亢進
●カタレプシー能力を確認する手の絡み合いテスト
●プロは保険をかけておく
●催眠導入は暗示文を読み上げるだけのパフォーマンスではない
●催眠へ導く瞬間―インダクション・ワーク
●プロとしての成功率をあげるために
●催眠を深化させる技術を身につける
●大切なのはその人の性質ではなくその瞬間の心境
●催眠を成功させる重要な作業
●催眠を解除するための覚醒法
●催眠を解くときに気をつけなければいけないこと

【第4章】自己催眠の指導

●誘導された催眠状態と自己催眠状態は根本的に違う
●自己催眠状態にリラックスが必要な理由
●自己催眠の代表作シュルツ博士の自律訓練法
●ジェイコブソンの漸進的弛緩法
●白隠禅師の軟酥鴨卵の法
●画期的な自己催眠法―意識野のコントロール
●身体に影響を与える暗示の力
●潜在意識の中にはアイディアが溢れている

【第5章】催眠療法の実際

●催眠の暗示だけでは根本的な解決はできない
●催眠術ショーの健忘暗示と催眠療法の健忘暗示
●催眠の感覚操作では麻酔なしの手術も可能
●事件解決の糸口にもなる―逆行催眠
●変形したトラウマの意識化―年齢退行
●年齢退行の不合理な点と危険性
●年齢進行で願望は達成できるのか
●本当はとても危険な催眠での前世療法
●イメージと感情の結びつき
●指の反応と交信する観念運動応答法
●ルクロンの振り子応答法
●自動書記による精神分析
●ジグムント・フロイトの業績と精神分析
●動かない足がカタルシスによって動き出した
●フロイトが考案した自由連想法
●自由連想法からの気づき
●催眠特有の心理療法――メンタル・リハーサル
●心理セラピストにとってもっとも重要なこと

【あとがき】
>>>『催眠療法の教科書をアマゾンで注文する

無料メールマガジン

『いい男をゲットするなら催眠心理を使え!』


登録

解除


催眠は超常現象でも超能力でもありません。心理学の一分野です。このメルマガは深層心理を基にした恋愛コミュニケーション女性版です。無料ですのでお気軽にご登録くださいませ。

SUBMENU

会社紹介

株式会社ニック
催眠誘導研究所

〒769-0101 香川県
高松市国分寺町新居464
電話:087-892-3156



HOME - 書籍案内 - CD/DVD - 催眠療法 - セミナー - プロジェクト - 参考書一覧 - 東京オフィス - 求人募集 - リンク - 交通案内
催眠術Q&A - プロフィール - 公式ブログ - プライバシーポリシー - 特定商取引に基づく表記 - サイトマップ - お問い合わせ