催眠術をかけるときの作業を工程別に分けた場合、通常「ラポール形成」「被暗示性テスト」「催眠導入」「催眠深化」「操作および実験」「催眠からの覚醒」となります。

どの作業も意味のある大切なものですが、相手を催眠に誘導するうえでもっとも重要になってくるのは、「催眠導入」から「催眠深化」にかけての工程です。ここは、通常の意識状態から催眠状態へと相手を変化させる重要な部分であり、トランス生成のためのプロセスを含めた誘導作業を行います。

この重要な部分のプロセスは、動脈圧迫法をの除くと、方式を二つに分けることができます。

ひとつは「N方式」そしてもうひとつは「AW方式」です。

通常の意識状態の人を催眠現象が起きる状態まで誘導する場合、この「N方式」か「AW方式」のどちらかのプロセスが含まれている必要があります。

しかし、現在、世界中に広まっている、スクリプトを読み上げるだけの催眠などには当然このプロセスは含まれていませんし、被験者に両手の指を組ませて、人差し指だけを伸ばし、「指が中に寄ってくる」といったインチキ催眠などにも含まれていません。それでもときどき催眠にかかる人がいるのは、たまたま「AW方式」が成り立っている場合です。

肝心な部分の知識を持っていない催眠術師でも、10人を相手にしたら、1人か2人はかかっていたりするのがそれです。
 
   
   
  「AW方式」は、たまたま発生して相手が催眠にかかることがありますが、成功率に対して有効な「N方式」が自然に発生することはまずありません。催眠誘導を行う際、催眠への橋渡しとなるプロセスを理解した上で施術を行う場合と、理解せずに施術を行う場合では、その成功率に雲泥の差が出てくるのは当然というわけです。

しかし、世の中には多くの催眠術師や多くの催眠療法士(ヒプノセラピスト)がいるにも関わらず、催眠トランス生成のプロセスを含めた誘導を行なっている人を見つけるのは難しいです。それだけ多くの誘導者たちは、スクリプトやインチキ催眠を使って、たまたま起こる「AW方式」の催眠に助けられているのです。

さらに、導入のプロセスを知らないまま催眠の先生になる人も後を絶えず、上っ面だけの技法を教えている先生もたくさんいます。よって現在は、催眠導入のプロセスを把握せずに催眠を行う人が増える一方なのです。

催眠導入のプロセスを知らない先生たちは、「ラポール構築」「被暗示性テスト」「催眠深化」「覚醒」といったように、肝心な「催眠導入」の工程を省いて教えていたりしますし、たとえ「催眠導入」の作業工程はあっても、ただリラックスするだけのそれらしい言葉を語りかけるだけの作業を教えている先生も少なくありません。当然、そこに催眠導入のプロセスが含まれていることはないのです。

悲しいですが、これが催眠業界の現実です。

ちなみに、「AW方式」を含めた催眠への導入は6月シーズンセミナーで教えているため、この2月シーズンセミナーでは、「N方式」を中心とした催眠導入法と催眠深化法を徹底的に学んでいただき、理論と技法を完全にマスターしていただきます。
 
   
   
  催眠深化法とは、読んで字のごとく、催眠状態を深くする手法です。プロと初心者の違いは「深化法のテクニック」で決まると言われるぐらい成功率を上げるためには重要なテクニックです。

ただ単に、「催眠が深ーくなる」などと暗示を与えても、初めて催眠を経験する被験者に対してはほとんど効果がありません。

催眠深化法にはたくさんの種類があるのですが、多くの催眠術師が使っているのはせいぜい数を逆に数える「逆算法」といった初歩的な技法ぐらいでしょう。

この「逆算法」は、催眠状態がある程度安定している被験者に対して有効なものであって、インチキ催眠のトリックに引っ掛けただけの相手に向かって数を数えてもほとんど意味がありません。

さらに、数を数えているときの催眠術師の目線を見ていると、その催眠術師が理論をわかっていて「逆算法」を使っているのか、ただ他の催眠術師の真似をして数を数えているだけなのか一目瞭然です。使い方を知らずに、ただ数を数えるだけでは、効力が10分の一になってしまいます。こんな初歩的な技法ですら、理論がわかっていないと意味をなさないわけです。

したがって、深化法のテクニックを持っていない催眠術師は被験者のかかり具合に任せるしかなく、深い催眠まで誘導できる確率は極めて低いのです。

本講座では、深化法の過程において意識すべき暗示の使い方から、暗示を与えるタイミングまで、催眠導入のプロセスを含めた導入技法をすべて学んでいただきます。

将来、催眠術師およびヒプノセラピストとして本格的にやっていきたい人は、少なくても催眠導入のプロセスと催眠深化の技法は必要不可欠です。

本講座の受講を希望される方は、募集が開始されましたら、下記のお申し込み方法に従って申し込みを行ってください。
 
     
   
     
  本セミナーは無事終了しました  
 
日時 ・2020年2月15日(土曜日)午後1時より開催
場所 ・東京都武蔵野市西久保1丁目23番地7号
会場 ・西久保コミュニティーセンター
時間 ・約4時間
料金 ・44000円(税込み)
講師 ・林貞年
連絡 ・東京オフィス 047-401-0975 ・本社 087-892-3156
 
     
   
     
 
 ※スキルコード(受講資格)
このワークショップのお申し込みは催眠誘導研究所の基礎講座受講済みの方に限ります
 
   
お名前 ※必須
ローマ字
ご住所 ※必須
電話番号(半角) ※必須
Mail(半角) ※必須
念のためMailをもう一度 ※必須
性別 男性  女性
ご年齢
備考

        


自己催眠術指導者コース
失敗ゼロの催眠誘導習得コース
ヒプノセラピスト育成コース

催眠エンターテイナー育成コース
催眠性感療法士育成コース(男性)
性感心理療法士育成コース(女性)
催眠深化法完全マスターコース
各種催眠技法完全マスターコース
瞬間催眠術完全マスターコース
現代催眠技法@マスターコース
現代催眠技法Aマスターコース

タイプ別催眠誘導マスターコース
催眠誘導研究所基礎講座
催眠導入技法完全習得コース
日本催眠誘導研究学会
プライバシーポリシー

特定商取引法の表記

お問い合わせ

Copyright (C) HOME All Rights Reserved.

催眠誘導研究所は正しい催眠を伝えるための活動を行っています